就職試験での適性検査について知っておきたい3つのこと

pic_g036

最近は、適性検査を就職試験の一つとして実施する会社が増えています。適性検査で何を会社側は知りたいと思っているのでしょう。SPI検査という適性検査が就職試験では一般的で、全部で200ほどの質問が出されます。その人の人物像や、感情の振れ幅などをチェックするために行います。

適性試験とは求職者がどんな人かを知る手がかりになる

pic_g060

一見すると、適性検査ではこれといった回答がないようにも見えるでしょう。性格適性検査の質問には、ある程度の正解、好まれる回答が存在するということがいえます。この答えを書いておけば間違いないというものはなく、業種や職種によってどんな適性が求められるかは異なっています。事実を飾らずに答えることが、適性検査では最も無難な方法であるとする就職試験の参考書も少なくないといいます。ある意味では、適性試験とは求職者がどんな人かを知る手がかりになるという以上のものではありません。

行動的側面、意欲的側面、情緒的側面、ライフスケールという4つの項目で適性検査の結果が表示されます。新しい仕事に対して熱心に取り組むことが期待できるかどうかが、行動的側面と意欲的側面でわかります。情緒的側面の質問では、感情のコントロールができる人物かどうかが診断されます。自分に正直であるかどうかは、ライフスケールによってわかるといいます。直前まで試験内容がわからない場合もありますが、できれば就職試験に適性検査が含まれるかどうかを調べて、必要な対策を立てたいものです。

年齢や性別を問わず大勢います

pic_g072

転職活動をしている人は、年齢や性別を問わず大勢います。日本経済が底をついてしばらく経ちますが、未だに回復の兆しがないことが関係しているようです。一体、転職活動を開始し、仕事をやめるためには、どういった取り組みが有効でしょう。まずすべきことは、どうして転職をしたいという結論に至ったのかをはっきりさせることです。

転職先に対する自分が希望する条件を書き出し優先順位をつけてみましょう。転職までの日程をおおまかに立てて、転職活動のプランを決めることも大事です。自分にできる仕事は何か、やりがいを強く感じた体験は何かなどを書き出して、新しい仕事への希望を明らかにしていきます。転職先への希望事項が明らかになったら、履歴書や職務経歴書など、転職活動に使うことになる書類づくりにとりかかりましょう。自身のキャリアやスキルは職務経歴書にしっかり書いておくことで自己PRに役立てます。

事前に企業情報を仕入れアピールポイントを考えておきましょう

pic_g074

書いた内容を忘れないよう、同じものを手元に持っておきます。条件の合う企業の求人があれば応募し、面接を受けに行きましょう。事前に企業情報を仕入れ、アピールポイントを考えておきます。面接で質問される事の多い、前の会社の退職理由もきちんと考えて説明できるようにしておきましょう。

無事に採用が決まったら、現在の仕事を退職するために必要なことをします。退職時の挨拶や引継ぎなども忘れずに。開始から最後までの転職活動の基本的な流れを踏まえておくと、実行に移しやすくなるものです。

コメントを残す