今からでも遅くない、就職試験の準備をしよう

就職試験は、新しい会社に雇われるためには避けて通れません。筆記試験と数回の面接で、採用する人を決める会社が多いようです。企業によっては、独自色の強い一風変わった採用試験を行っているようです。筆記試験の内容としては、一般常識を問うものや時事問題を取り扱ったもの、作文や小論文、適性検査を行うところもあるようです。一般常識とは、小中学生レベルの国語、算数、理科、社会の基本的な知識を問われるものが少なくないようです。

国語と社会については特に念入りに

pic_d002

国語と社会については特に念入りに、就職試験で問われます。就職試験の一般常識問題とはどんな内容になのかは、ネットや書店で簡単に調べられます。漢字の読み書きや慣用句の意味、政治、経済、歴史などが問題に使われています。一般常識問題は、内容によっては間違うのが難しいのではないかという程度のものですが、間違わずに全問正答することが重要だと言えるでしょう。

どういった問題が出題されるか知りたいという時は、ネットの模擬試験などを利用してはどうでしょうか。一度トライしてみると良いかもしれません。会社によっては、他社に真似できないような独創性あふれる問題が出て来たりします。採用試験を失敗しないためには、特定のジャンルさえしておけばいいという考えを捨てることです。

就職試験では色々な問題が出題されます

pic_g087

就職試験では色々な問題が出題されますが、中には作文や論文を出す企業もあります。作文のテーマは会社によって様々ですが、その会社に入ったどんなことをしたいかなどを書くことが多いようです。今後の将来展望や、仕事や人生についてどんな考えを持っているかを作文で書かせるとこも少なくありません。

タイトルは様々あるように見えますが、求められている内容はほぼ一緒であると考えてよいでしょう。応募者に作文を書いてもらうことによって、会社側はどんな期待をしているのでしょう。その人がこれからの人生を、何を支えに生きていくかを知ろうとしているのです。

入社したい会社に関する理解をきちんと行っているか

pic_g124

人生に対する考え方にだけでなく、入社したい会社に関する理解をきちんと行っているかもか確認しています。最低限、自分の言いたいことを相手に伝えられるくらいの文章力は持っておくことです。他人が見ても問題はないくらいの文章を書くことは最低限の条件です。

誤字脱字もマイナスポイントになります。自己アピールや、仕事にかける熱意に関しても、就職試験では気にされています。作文が就職試験の一部にある場合、作文を通じて自己アピールができるようにあらかじめ自己アピール文章をまとめておきましょう。

「今からでも遅くない、就職試験の準備をしよう」への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です