心配御無用!未経験での転職、はじめの一歩

案外少なくないのが、転職を考える時、現在の職種や業種とは違う未経験の分野で働きたいという人です。未経験と一口にいっても、職種が未経験なのか、業界が未経験なのかで差が大きくあるといえるでしょう。まだ転職できる可能性は、業界が未経験で職種の経験があればあるといえるでしょう。

製造業の営業にいた人が、IT関連の営業に転職したいのであれば、共通項を探すことは難しくありません。難易度の高い転職となるのは、どちらも未経験であるという場合です。転職を未経験分野へすることは、将来的に視野を拡げるという意味でもプラスになる場合もあるでしょう。

未経験分野への転職をする時に大事なこと

res-cool-39990460_fhd

求人の中に未経験可のものがあれば、問い合わせを積極的にしてみることをおすすめします。誰でも最初は未経験から始まります。どうして未経験にもかかわらずその仕事をしたいかをはっきりさせることが、未経験分野への転職をする時に大事なことだといえるでしょう。

志望動機が明確でなければ面接での自己アピールも覚束ないですし、転職活動を続けるモチベーションにも影響します。コミュニケーション能力が高く、情報収集力や情報活用力が高い人が、採用基準は会社によって違うとはいえ有利になります。

転職理由や志望動機が前向きで納得のいくものであれば、年齢にもよりますが多くの企業が未経験者でも採用しているのではないでしょうか。

自分のスキルや経験をどうアピールできるか

res-natural-31243133_fhd

転職を未経験分野において成功させるために重要なのは、今までの自分のスキルや経験をどうアピールできるかということです。把握しておきたいのは、求人を出している企業が、何を重視してどんな人材を求めているかということです。重要な情報なのは、会社が未経験者の求人を出すのは、どのような目的なのかということです。

目的がわかれば、どんな自己アピールが有効かが見えてきます。自分の経験や考え方が会社に利益をもたらすということをしっかり伝えることは、大事なことだといえます。きちんと志望の熱意を伝えることも大事なのが、未経験の転職を成功させたい場合です。

自分の言葉で具体的なことを書けるかが大事

res-natural-40227081_fhd

職務経歴書や自己PR書を作成したり、熱意の伝わる言葉を添え状につけるなどの方法がおすすめです。自分の言葉で具体的なことを書けるかが大事ですので、マニュアル的な表現はやめましょう。説得力のある志望動機につなげるためには、転職理由と自己分析を行うことが大事になってきます。

自分がやりたいことを職種にとらわれず考えることによって、未経験分野への転職意思を相手に伝える突破口が見えてくることがあります。年齢によっても未経験への転職は、状況変わってきます。未経験可の転職は第二新卒や20代であれば、求人は十分にあるといえるでしょう。

どうアピールに社会経験や実務経験をつなげられるかが、未経験分野への転職を30代や40代の人がする場合は大切になります。

転職活動をはじめる前にすべき3つの事項

転職活動をしている人は、年齢や性別を問わず大勢います。日本経済が底をついてしばらく経ちますが、未だに回復の兆しがないことが関係しているようです。一体、転職活動を開始し、仕事をやめるためには、どういった取り組みが有効でしょう。まずすべきことは、どうして転職をしたいという結論に至ったのかをはっきりさせることです。

希望する条件を書き出し優先順位をつけてみましょう

pic_g029

転職先に対する自分が希望する条件を書き出し優先順位をつけてみましょう。転職までの日程をおおまかに立てて、転職活動のプランを決めることも大事です。自分にできる仕事は何か、やりがいを強く感じた体験は何かなどを書き出して、新しい仕事への希望を明らかにしていきます。

転職先への希望事項が明らかになったら、履歴書や職務経歴書など、転職活動に使うことになる書類づくりにとりかかりましょう。

自身のキャリアやスキルは職務経歴書にしっかり書いておくことで自己PRに役立てます。書いた内容を忘れないよう、同じものを手元に持っておきます。条件の合う企業の求人があれば応募し、面接を受けに行きましょう。事前に企業情報を仕入れ、アピールポイントを考えておきます。面接で質問される事の多い、前の会社の退職理由もきちんと考えて説明できるようにしておきましょう。

退職時の挨拶や引継ぎなども忘れずに

pic_g062

無事に採用が決まったら、現在の仕事を退職するために必要なことをします。退職時の挨拶や引継ぎなども忘れずに。開始から最後までの転職活動の基本的な流れを踏まえておくと、実行に移しやすくなるものです。転職活動では、必ずといっていいほど面接があります。面接の準備では、一体どんな取り組みをすべぎしょう。

基本的なマナーや心の持ちようが原因で、面接に失敗するという人もいます。能力がある人でも、態度がなっていなければ心証は悪くなります。転職活動中は仕事が忙しい中で面接を受けることになりますが、身だしなみをきちんと整えることが大切です。

スーツはクリーニング済みで、サイズはぴったり合うものを来ます。面接では見た目の印象はないがしろにできません。スーツ着用という習慣がない職種もあるようですが、ジャケットを着て、髪型も清潔感のあるものにしましょう。

面接を始める時にはお礼とあいさつを忘れずに

pic_g031

会社の雰囲気に合う服装、外見を心がけましょう。面接の場に行く時は、指定の時間、場所を守って余裕を持って到着します。かといって到着時間が早いのも考えものです。三分前ぐらいがちょうどいいでしょう。面接を始める時にはお礼とあいさつを忘れずに。

就職活動をしていると、その会社のことを見て知ろうと思うあまり、準備不足に陥ることがあると言われています。企業側はどんな人材なのか見極めようとしているのでギャップが生まれてしまいます。せっかく採用面接を受けるのですから、できる限りのことをしましょう。

一緒に働きたいと相手の人に思ってもらうことです。真摯に面接の場に立ち、自分を精一杯アピールして、転職活動がうまくいくよう取り組みましょう。