外国為替市場の参加者ってどんな人が多いと思いますか?

外国為替市場は実在しない市場ですが、では、その市場で取引をしている人とは誰でしょう。個人や企業も外国為替市場に参加していますし、金融機関やヘッジファンドなども外国為替市場で取引を行っています。

インターバンク市場と対顧客市場に大別され、外国為替市場のどこに参加しているかは参加者によって違っています。インターバンク市場の参加者は、都市銀行や信託銀行などの銀行関係、大手証券会社、為替ブローカー、日本銀行です。外国為替の取引では大きな影響を有しているところばかりです。

個人や一般企業が外国為替市場に参加する場合

res-45448462_fhd

個人や一般企業が外国為替市場に参加する場合、対顧客取引になります。一般の人から投資家まで、多くの人がいるようです。ビジネスのため、必要に応じて為替取引をしいる層と、為替レートの変動に応じて差益を得ようとしている層とが、外国為替市場にはいます。

投機筋とは、個人投資家や金融機関となります。実需とは輸入業者や企業があてはまります。外国為替市場では為替レートの値付けをするマーケットメーカーと値に対して取り引きをするマーケットユーザーにも分けることができます。銀行やFX企業がマーケットメーカーであり、それ以外の人達のことをマーケットユーザーといいます。外国為替市場は大きな商取引の市場であり、世界じゅうの人が参入しているのです。

FXの情報はどのようにして手に入れるのでしょう

res-clean-886719_fhd

FXとは外国為替証拠品取引といい、為替レートの変動を利用して資産の運用するのです。FXの情報はどのようにして手に入れるのでしょう。インターネットには、値動きを予想するためのツールもありますし、FX会社は為替の情報をこまめに発信し、利用者に届けています。

今までの値動きを統計的に分析し、現在の状況と照合することによってこれからの変動要素を推測してくれます。他にもFXの売買のための情報が得られたり、為替の分析リポートが読めたりとさまざまな情報を得ることができます。為替に関する情報は、口座を開くだけでほとんどが閲覧可能になります。

どんな取引をするべきかの手がかりにニュースは有用です

res-clean-33933122_fhd

FX会社の情報は、相場が予期しない動きをした時の原因を知りたい場合や、今現在の景気動勢などを知りたい時に役立ちます。多くの場合、FX会社は相場の動きに影響がありそうな経済金融関係のニュースを配信しています。いつ、どんな取引をするべきかの手がかりにニュースは有用です。

為替レートが現在どんな状況にあり、変動幅はどのようになっているかは、マーケット情報を見ればわかります。経済指標カレンダーは月ごとの主要指数の発表日が載っているカレンダーです。今までの経済指標と為替レートとの関係を把握することで、これからの変動が予想できるでしょう。相場の動きをしっかり読みとれるようになるために、為替の情報には敏感になっておきましょう。

知っておきたい外国為替市場の仕組み

経済ニュースや為替に関する記事では外国為替市場という単語がよく登場しますが、意味は何でしょう。まるで外国為替市場という場所があるように思っている人もいるようですが、市場という言葉を使っても本当にある場所ではありません。

外国為替市場とは、金融機関同士が為替による取引をしている状態のことを指す言葉といえます。各金融機関が電話や通信端末で連絡を取り合って通貨の売買をしています。企業や個人が通貨の売買をするという場合、金融機関を介して行わなくてはなりません。

外国為替市場では1対1の関係で取引が成立します

res-clean-40539162_fhd

基本的に、外国為替市場では1対1の関係で取引が成立します。その時々によって取引内容は異なります。こういった形を相対取引と称します。為替レートをどうするか、どのくらいの量を取引するかもその時々で変わります。眠らない市場と呼ばれる外国為替市場は、休むことはありません。

世界のどこかで、いつでも為替の売買は行われており、レートは休まず変動しています。月曜朝は、ニュージーランドのウエリントンが取引を行っている時間となります。8時からは東京で取り引きが始まり、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークと西に向かっていきます。

世界の三大市場と呼ばれるこの市場

res-cool-21291494_fhd

ロンドン市場の取引量が最も多く、その次にニューヨーク、東京の市場だと言われています。世界の三大市場と呼ばれるこの市場では、多くの金融機関が取引をしています。為替が常に変動するのは、この外国為替市場の取引によります。外国為替市場は24時間いつでも開いており、為替レートは常に動いていると言われていますが、どうしてそんな状態になるのでしょう。世界中の市場を見ればいつもどこかが開いていますが、取引量の多い時間帯、少ない時間帯もあります。

月曜朝に始まるのはウエリントンの市場です。最後まで開いているのはニューヨークの市場であり、時差があるので必ずどこかが開いているのです。夏時間と冬時間に分かれていて、夏時間は日本時間で月曜日午前5時から土曜日午前6時です。

ウィークディは常に開設している外国為替市場

res-cool-33787216_fhd

冬はそれぞれ1時間遅くなるという仕組みです。市場が開くのは早いところからウェリントン、シドニー、東京、香港・シンガポール、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークです。ウィークディは常に開設している外国為替市場ですが、各国の祝日や行事など、特定の出来事に取引量が左右されることもあります。

新年は欧米企業には重要な意味があり、特に取引量が多くなることも少なくありません。日本は4月、5月の取引量が多い傾向にあります。日本企業の初期であり、ゴールデンウィークもあります。逆に、8月のお盆時期には取引量が減る傾向があります。いつも開いているとはいっても、外国為替市場に参加している人達の動きによって取引は影響を受けるものです。