心配御無用!未経験での転職、はじめの一歩

res-33283741_fhd

案外少なくないのが、転職を考える時、現在の職種や業種とは違う未経験の分野で働きたいという人です。未経験と一口にいっても、職種が未経験なのか、業界が未経験なのかで差が大きくあるといえるでしょう。まだ転職できる可能性は、業界が未経験で職種の経験があればあるといえるでしょう。

製造業の営業にいた人が、IT関連の営業に転職したいのであれば、共通項を探すことは難しくありません。難易度の高い転職となるのは、どちらも未経験であるという場合です。転職を未経験分野へすることは、将来的に視野を拡げるという意味でもプラスになる場合もあるでしょう。

未経験分野への転職をする時に大事なこと

res-cool-39990460_fhd

求人の中に未経験可のものがあれば、問い合わせを積極的にしてみることをおすすめします。誰でも最初は未経験から始まります。どうして未経験にもかかわらずその仕事をしたいかをはっきりさせることが、未経験分野への転職をする時に大事なことだといえるでしょう。

志望動機が明確でなければ面接での自己アピールも覚束ないですし、転職活動を続けるモチベーションにも影響します。コミュニケーション能力が高く、情報収集力や情報活用力が高い人が、採用基準は会社によって違うとはいえ有利になります。

転職理由や志望動機が前向きで納得のいくものであれば、年齢にもよりますが多くの企業が未経験者でも採用しているのではないでしょうか。

自分のスキルや経験をどうアピールできるか

res-natural-31243133_fhd

転職を未経験分野において成功させるために重要なのは、今までの自分のスキルや経験をどうアピールできるかということです。把握しておきたいのは、求人を出している企業が、何を重視してどんな人材を求めているかということです。重要な情報なのは、会社が未経験者の求人を出すのは、どのような目的なのかということです。

目的がわかれば、どんな自己アピールが有効かが見えてきます。自分の経験や考え方が会社に利益をもたらすということをしっかり伝えることは、大事なことだといえます。きちんと志望の熱意を伝えることも大事なのが、未経験の転職を成功させたい場合です。

自分の言葉で具体的なことを書けるかが大事

res-natural-40227081_fhd

職務経歴書や自己PR書を作成したり、熱意の伝わる言葉を添え状につけるなどの方法がおすすめです。自分の言葉で具体的なことを書けるかが大事ですので、マニュアル的な表現はやめましょう。説得力のある志望動機につなげるためには、転職理由と自己分析を行うことが大事になってきます。

自分がやりたいことを職種にとらわれず考えることによって、未経験分野への転職意思を相手に伝える突破口が見えてくることがあります。年齢によっても未経験への転職は、状況変わってきます。未経験可の転職は第二新卒や20代であれば、求人は十分にあるといえるでしょう。

どうアピールに社会経験や実務経験をつなげられるかが、未経験分野への転職を30代や40代の人がする場合は大切になります。

コメントを残す